忍者ブログ
  • 2017.11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/12 09:26 】 |
四十而不惑也
四十而不惑也。

 
様々な被災地支援に携わり、金が絡むと

 
こと迷う大人が多い事、多いこと。

 
騙そうとするやつは

 
みな四十越えているから、孔子様、そりゃうそだわ。

 
 
他人のせいにするなら未だしも、責任転嫁やら嘘歴々やら

 
大人が行うべき行為どころか、社会性ゼロ的な行い等など

 
辟易した事もありますが、通してみると是々非々。

 
もめるキーワードは被災しても金。

 
大儀や責任という言葉は被災地でも一部エリアでは

 
意味を成さないようであります。
 
一転、スムーズに事が進んでいるのが「大漁プロジェクト」

 

 
潔さというのがキーワードか。

 
高潔な漁師が集まった団体はリアクションが早く、レスポンスも良い。

 
団体でも重要なのはやっぱ人間性です。


 
手前味噌ですが「三陸海を救う会」

 

 
お陰さまで行政諸々の機関と調整が取れ

 
やっと宮城県及び岩手県漁連に僅かながら寄付することが出来ました。

 
寄付の大半はアングラー基金といっても過言ではなく

 
この寄付を開始してからというもの

 
助力してくれる人々と比例して、誤解や中傷されることも多々あり

 
余計な輩に足を引っ張られることもあったけど

 
(世間の噂や2chは怖い怖いw)

 
やってみて良かったといまさらながら実感。

 
そして応援頂きました皆々様方に感謝。

 
やっとご報告できました。


 
国内外様々な方々にサポートされ

 
被災地でもここまでやれんだぞ、って事を

 
理屈じゃなくて結果で示せた事が、僅かな達成だと思う。

 
 
チャリティーで寄付してくれた方、個人で釣り針を買ったおつりで

 
寄付してくれた方々の釣り人主体の想いが集まった。

 
「額ではなく想い」

 
尚「三陸海を救う会」に関しての詳細は近日中にHPにアップ。

 
詳細は代表が寝ずに記事を作成しておりますので

 
今しばらくお待ちください。


 
この記事の最初に挙げた「四十而不惑也」

 
例え間違った決断だったとしても迷っているよりまし。

 
被災地は経過じゃなく結果を求めている。

 
得たものも失くしたもの己の気づきに繋がらなければ

 
結果、失なって得るものはなにもない。失敗なくして成長はない。

 
なんで気が付かないんだろうね。

 
40越えても成功しているやつより失敗している奴のほうが

 
人生の厚みがあると思うんですが。

 
そんな訳で長くなりましたが

 
迷う暇があるなら行動しておりますがな^^;


 
政権が変わって右往左往していた日本がどうなるかも気になりますが

 
それ以上に、今の自分の在り方が大事なんだと

 
こんな時代、こんな仕事しながら思うところでございます。

 
 
寄付や支援一つの意味や定義。

 
色々と考えされられた1年半でした。

 
 
嫌な思いも多々しましたが

 
とはいえ、今更止めるつもりは毛頭なく

 
今後もカタチを変えて継続して支援活動は行って参ります。

拍手[18回]

PR
【2012/12/17 20:37 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<三陸海を救う会義捐金寄付に関するご報告 | ホーム | 追波川河口部>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]