忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/28 21:56 】 |
サイトの今後の方向性につきまして
まずは

この度東北地方太平洋沖地震にて、被害をうけられた皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。


また、宮城ソルトルアーサイトキャプチャーですが

宮城県のみならず福島、岩手沿岸が壊滅状況の中

従来のように釣り情報の配信を継続して行うことは

非常に困難且つ不謹慎と判断させて頂きました。

よって当面の間、ソルトルアーに関する配信は

控えさせて頂きたいと思いますのでご理解ください。


尚、今後は、釣りという趣味を

共有するもの同士また、アングラー同士が

地元復興共助、互助になるべく情報の配信を行っていく所存です。

「三陸海を守る会」につきましても、その活動の根幹のひとつです。

私たち宮城の釣り人は

地元の海から恩恵を受け、地元の海で遊び、多くを学びました。

そしてオン・オフ問わず多くの仲間ができました。

しかし・・・

いつ復旧するとも判断すらつかぬ壊滅的な状況下

釣り人だけが今やれることはなにもありません。

出来ることは人としてやれることだけなんです。

今の自分に何が出来るか?

3月11日を境に、僕らの海は荒涼と化しました。

今は人としてやれることだけなんです。


ただ・・・

海や街の前に、最も大事なのは自分や家族です。

ぼくだってみんなだって

己の生活基盤を安定させなければ

今後、釣りなんてとても行けたところじゃありません。

自己犠牲も身の丈に合ったことしかできません。


釣り人としての発想でやれる事は限られます。

衰退必死と予想される漁業また水産産業、釣り業界

又はお世話になった沿岸部復興への貢献という考え方が

最も自然な流れではないでしょうか。


街の復興も大事ですがアングラーとして行える事。

ひとりの釣り人として釣り場復興を願う気持ちは皆同じなはずです。


釣りで出会った仲間同士が互助、共助しあい

地域の産業や地元復興に貢献する為に

何か小さいことからでも、はじめてみませんか。


また、あの場所でロッドを出せるその日を目指してやろう。

また、あの場所で魚を出せるその日を目指してやろう。

また、あの場所で仲間と笑って語り合えるその日を目指してやろう。


今は漠然とした言葉でしか表せませんが

具現化するための努力は、微塵も惜しむつもりはございません。


なお、今後の活動内容の詳細につきましては

追ってサイト上にてご報告させて頂きます。

復旧まで当面の間、皆様には大変ご迷惑とご不便をお掛け致しますが

何とぞご理解くださいますようにお願い申し上げます。



top.gif

俺達の海は決して流されない!






2011/03/22 katanafish

拍手[6回]

PR
【2011/03/22 16:12 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<朗報 | ホーム | Kz生存Kun坊さん生存田代島安否情報>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]