忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/28 21:55 】 |
三陸海を救う会 義援金の行先
模索しました。


基本的に漁業、養殖業、水産業、港湾関係事業社と


海に関係する方々へ直接集まったお金を渡したい。


釣り人としての義援金の行先。


混乱期に自治体に問い合わせしては


KYつーことで


義援金先を公開するまで


多少時間が掛かってしまいました事


この場を借りて皆様にお詫びいたします。



今回、トザ代表が関係各所を奔走し


様々な意見をまとめた上で


第一期は・・・


「宮城県漁業協同組合」


「岩手県漁業協同組合連合会」


「福島県漁業協同組合連合会」


以上の海と直接関わりある方々へ


お渡しさせて頂くこととなりました。



実のところ、当初は日本赤十字社へという考えでしたが


政府が介入して以来


義援金の行先が全く不透明。


且つ、様々な国家や団体が寄付しているにも拘らず


行方が不透明では


この「三陸海を救う会」の趣旨からは逸脱してしまう。



「三陸海を救う会」ガンバレサンリク募金の根底にあるのは


三陸の海を救うこと。


海に関わられる人や事業を行っている方々の支援となるもの。


この趣旨が前提の募金なんです。



結果、国や市町村を助く為の募金ですが


従事者や関係団体に直接お金を届けることで


初めて目的を達することが出来るのです。



アングラーは・・・


釣りすることが出来てアングラー。


釣りをしなければ道具収集家。


僕らは収集家でなくアングラー。


ルアーで魚をかけて


はじめて喜びや達成感を実感する人種です。


釣りバカ共の同志たちが


愛する海を救う為に


釣りバカ共が集まって運営している為


理屈は単純です。


方向も明確です。


動機はは不純ですが


大義は純粋です。



先週、仕事で県南に出向いた際に


亘理のとある漁業は組合員がすべて死去または行方不明。


その為に漁協支部として機能しておりませんでした。


また山元町のイチゴ農家は180件中、6件のみが救われました。


しかし、原発の風評被害の為、価格がつかず。


残る約170件のイチゴ農家は


いつ営業再開できるかさえ見通しがたっていません。


海沿いだから漁業だけではありません。


この広域な深刻な被害状況。


三陸海を救う会でも


いつか出来る限りの事をさせて頂きたいと思っております。



何から着手し、復興の為に何をすればいいか。


一人ひとりのプライオリティは異なりますが


自分を犠牲にせず、業務や趣味を継続してください。


街は今、みなさんの愛であふれています。



今後、数十年と続く復興のための作業。


一過性のブームで終わらせないでください。


復興支援を助力していただけるのなら継続してください。


僕からのお願いです。


ガンバロウサンリク!


ガンバロウニホン!


ガンバロウイシノマキ!



250_78_bana_neverlose.gif







拍手[15回]

PR
【2011/05/03 18:49 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<それぞれの復興への思い | ホーム | 100通りの意見>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]