忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 05:03 】 |
宮城県 災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」について
宮城県 災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」について 

※県内全域対象です。

 
1.事業の概要 
 
「東日本大震災」により「全壊・大規模半壊又は半壊した住宅」を
 
市町村が業者に依頼して一定の範囲内で応急修理する制度です。 
 
 
2.対象世帯 
 
 以下の全ての要件を満たす世帯が対象となります。 
 
①大規模半壊又は半壊の被害を受けたこと
 
(市町村が発行するり災証明書が必要となります)
 
なお、全壊の場合でも、応急修理をすることにより
 
居住が可能となる場合は対象です。 
 
②応急修理を行うことによって避難所等への避難を要しなくなると見込まれること。
 
③応急仮設住宅(民間賃貸住宅を含む)を利用しないこと。 
 
 
3.所得制限等 
 
前前年の世帯全体の年収等が以下のいずれかに該当する世帯が対象です。
 
①世帯全体の年収が 500 万円以下の場合 
 
②世帯全体の年収が 500 万円超、700 万円以下で
 
かつ、世帯主が 45 歳以上又は要援護世帯
 
③世帯全体の年収が 700 万円超、800 万円以下で
 
かつ、世帯主が 60 歳以上又は要援護世帯
 
ただし、大規模半壊又は全壊の住家被害を受けた世帯については
 
所得制限はありません。
 
 
4.住宅の応急修理の内容
 
住宅の応急修理は居室、炊事場、便所等の日常生活に
 
必要欠くことのできない部分であって、より緊急を要する箇所について実施します。
 
緊急度の優先順は次のとおりです。
 
 
①屋根・柱・床・外壁・基礎等
 
②ドア・窓等の開口部、 
 
③上下水道・電気・ガス等の配管・配線
 
④衛生設備 
   
注1)地震の被害と直接関係のある修理のみが対象です 
   
注2)内装に関するものは原則として対象外です 
  
注3)家電製品は対象外です 
 
 
5.限度額 
 
①一世帯あたりの限度額は 52 万円です。 
 
②同一世帯(1戸)に2以上の世帯が居住している場合でも
 
上記①の一世帯あたりの限度額以内となります。 
 
 
6.その他 
 
 このほか、全壊か大規模半壊の被害を受けた住宅は
 
被災者生活再建支援金を使って「住宅の応急修理制度」と合わせて
 
住宅の補修をおこなうことができる。 
 
 
7.工事完了期限 
 
 原則として災害発生日より1ヶ月以内ですが
 
期限の延長を検討中です。
 
詳しくは市町村の申請受付窓口にご相談下さい。 
 
 
8.手続きの流れ
 
最下部URLチャート参照。
 
 
9.お問い合わせ先
 
土木部建築安全推進室(問合せ先 022-211-3281) 

 
URL:(PDF形式)
 
 

拍手[2回]

PR
【2011/04/05 03:44 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<ずっと好きだった〜ずっとウソだった | ホーム | 杜撰と打算>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]