忍者ブログ
  • 2017.06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/28 21:45 】 |
いくないさかな
石巻に来た頃の話である。

懲りずにシーバシングへ出かけた。

大潮の夜で、時合も完璧だったが

結果からいえばボウズだった。

釣りという麻薬がないと生きてゆけないこの錯覚

本当はやめた方が全然生きてゆけるのに…


あきらめきれずに早朝は場所を変え

普段あまり行かない防波堤の手前のポイントにエントリーした。

こちらは、投げつりの親父たちで朝から盛況だった。

同じ時間 同じ場所に 同じ匂いをもった仲間が集まる。

それが釣り人だ。


釣り人との隙間で、投げられそうな場所を見つけ

ルアーをキャストするがあたりは全くない。

しなやかで、静かに息をしている生きている魚のように

泳がせる事がルアーに息吹を与えてやることだ。


─知識より経験─ 誰かがそういった。

一日でも多く現場に足を運んだほうが 得られるものが多いと…

大事なコトは誰も教えてくれない。

それは自分でわかっていかなきゃならない。


あきらめて帰ろうとしたとき その瞬間は突如やってきた。

リーリングしていたリールが止まり ギアが悲鳴を上げる。

ロッドティップが海中に刺し 水面が爆ぜる。

小気味良いサウンドを奏でるドラグ。

その全てが俺の右腕と同化した瞬間

周囲のアングラーの視線が僕に集中する。

フィッシュ!! リールは音を立てラインを走らせる!

魚以外俺の眼には映っていない。


「まるで命を削るようにお前はリールを巻く──なぜだ!?

リールから手が離れない。

まるで巨大な力に押さえつけられたように…

お前は釣りを辞めようとしない。

もっとでかく、もっと大きな魚を求め」

(回想シーン)

「たしかに投げやすくて軽くていいロッドだけど

ちゃんと自分のモノにできてるかボーヤ」

(回想シーン)

周囲の老練アングラーの声が木霊する。

「俺は自分のスタイルを貫いてきたから

この魚を掛けることができたんだ!!!」


最初はトルクフルな抵抗を見せた魚だったが

徐々にラインが巻き取られる。 

その間およそ1分程度の時間だっただろうか

俺にとっては永遠の時に感じられた。


リーダーが見え始めた時

「こいつとのやり取りもこれで終りを迎える」

水面にうっすらと姿を現した魚体を確認した刹那

隣にいた初老の釣り人が一言つぶやいた。

「いくないさかなだなぁ...」


いくないさかな?

俺の思考は一瞬停止した。

イクナイサカナ?

方言なのか?

それとも地域の呼称なのか?

しかし、そんなく推測も浮いてきた魚を視認した瞬間

方言の何たるかを俺は瞬時に理解した。


その魚の正体とは・・・ ボラ。

石巻では「いくないさかな」

この地域ではそうよばれている。

「夏のボラはうめぐねぇなぁ・・・」


当惑...

恥屈...

眩しい朝焼けの中

偏光グラスを通して写るボラが

一瞬、明日の自身のように思え…

僕はそっとやさしく足の裏でリリースした。

拍手[2回]

PR
【2010/06/16 02:44 】 | シーバス | 有り難いご意見(0)
<<フェアプレイ | ホーム | すずき>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]