忍者ブログ
  • 2017.09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/20 04:51 】 |
ヤサグレる釣り人
 彼是、ボートロックという釣りを初めて8年になる。
 
今までチャーターから乗合など含め、様々な遊漁船に乗ってきた。
 
先週末は奥松島から出航する柏丸に初乗船。
 
ドピーカン・ベタ凪の最良の天候には恵まれたが魚の方は今ひとつだった。
 
しかし、キャプテンの人柄も操船技術も良く、また乗ろうと思う。
 
 
さて、今までの乗合船での面白い話をひとつしてみよう。
 
今から数年前、ボートロックがメディアなどで盛んに登場した頃の話である。
 
某遊漁船にて早朝5名で出船した。
 
アングラーは全員初顔合わせ。
 
狙うは50オーバーのアイナメ、他はソイである。
 
当日のポイントは牡鹿半島西側。
 
 
他のアングラーもそこそこ魚を出していたようだったが
 
僕もその頃は周りのアングラーに、負けじと釣りに夢中で
 
周囲には、何ら気に掛けることなくバイトが遠のけば
 
船頭と他愛もない会話で盛り上がっていた矢先の事だった。
 
 
「なんで俺だけこーなんだよ!」
 
突然の怒号が洋上にこだました。
 
購入したてであろうと思われるGETの青いライジャケを着た
 
20代全般頃の釣り人が叫んだ。
 
「俺だけ釣れないって、ポイント悪いんじゃねーのか」
 
船頭に向けた嫌味とも、独り言とも受け取れる嫌悪感一杯の怒号に
 
船中は静まり返った。
 
「他のお客様は釣っているので、魚はいないってことはないですよ。
 
なんでですかねぇ?」
 
と船頭がフォローを入れる。
 
しかし・・・
 
「子供扱いすんじゃなえーよ、金払ってんだからさぁ」
 
その一言に他のアングラーが睨みを効かせて言った。
 
「やさぐれてっから釣れねーんだよ。嫌ならここで降ろしてやろうか」
 
 
それ以来・・・
 
やさぐれ男は最後までヒトコトも発することなく
 
クーラーボックスは空のまま彼のその日は幕を閉じた。
 
 
乗合の遊漁船で人とコンタクト出来ないような奴は・・・
 
魚のみならず・・・ボトムともコンタクトできないのは当然の結果と言えよう。
 
だが、客をコントロール出来ない船頭は以ての外。 
 
今までの経験上、優れた遊漁船は釣果よりも人ありきなのである。 
 
「いい人、いい酒、いい肴」ならぬ・・・ 
 
「いい人、いい船、いい魚」なのだ。 
 
ちなみにそれ以降、その船には乗っていない。
 


にほんブログ村 釣りブログ 東北釣行記へ
にほんブログ村 

拍手[1回]

PR
【2010/06/28 21:09 】 | 雑記 | 有り難いご意見(0)
<<砂漠の中の宝石 | ホーム | 日本代表、中田氏絶賛!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿















前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]